パーツ

サスペンション

サスペンションの構成

サスペンションは、スプリング(バネ)、ショックアブソーバー、 リンクアームの3つが基本となり構成され、これらにアライメントを調整するためのロッド、カムやスタビライザー、ブッシュなどを必要に応じて追加した形となっています。
これらパーツの構成、配置、数、形状によっていくつかに分類されます。また、タイヤも同じ機能を兼ね備えていることから、サスペンションの一部であるといえます。

代表的な足回り形状

  • マクファーソンストラット式


  • ダブルウィッシュボーン式


  • リジットアクスル式


  • トレーリングアーム式


  • マルチリンク式

    上記4つの形状を基本とし、さらにそれぞれが複合的に構成されたものの総称です。

サスペンションの振動モード

  • スクワット

    発進または加速時に見られる状態。フロントは浮き上がり、リアは沈み込む。

  • ノーズタイプ

    減速または停止時に見られる状態。フロントは沈み込み、リアは浮き上がる。

  • ピッチング

    突起乗り上げ後に見られる状態。フロント、リアが逆に上下振動する。

  • バウンシング

    突起乗り上げ後に見られる状態。フロント、リア共に上下同一振動する。

  • ロール

    コーナリング中に見られる状態。イン側は浮き上がり、アウト側は沈み込む。

スプリングの役割

スプリングの役割として、車体上下方向(荷重)の支持があります。 スプリングは、サスペンションの一部として路面に対して車体の姿勢を制御します。 もうひとつの役割としては、路面からの衝撃を緩和する機能があります。 これは、路面からの凹凸をバネのたわみで吸収するもので、バネは柔らかいほどふかふかし、硬いほどゴツゴツとした乗り心地になります。 (衝撃を緩和する機能としては、タイヤもスプリングの働きをしています)

スプリング固さによるクルマの挙動の変化

  • 柔らかい
    スプリング

  • 固い
    スプリング

その究極は、レース用スプリングで、前述のように乗り心地との両立という面において、一般走行での使用には問題が生じます。 つまり、乗り心地と操縦性は相反するものであり、その2点のどの領域においてバランスをとるかが、その車の性格を決定付けます。

発進時 ブレーキング時 コーナリング時
柔らかい
スプリング
固い
スプリング

柔らかいスプリング

  • 発進時

  • ブレーキング時

  • コーナリング時

固いスプリング

  • 発進時

  • ブレーキング時

  • コーナリング時

ショックアブソーバーの役割

ショックアブソーバーは、スプリングの働きを補佐して「安定」と「乗り心地」のバランスを取ることが当初の目的でした。しかし、現在においてはショックアブソーバーの性能の向上によって、ハンドリング性能やドライビングインフォメーションの向上など、さまざまな特性が認知されています。

ショックアブソーバーとは

スプリングの役割のひとつに衝撃緩和がありますが、それだけではよい乗り心地は作れません。スプリングだけでは路面からの衝撃を受けた際、その振動が長く残りフワフワとした状態が止まらなくなります。
この振動を止めるのがショックアブソーバーの役割となります。振動を抑える力を「減衰力(げんすいりょく)」といい、一般的にこの力の大きいものが「硬いショックアブソーバー」、小さいものが「柔らかいショックアブソーバー」と呼ばれています。
ショックアブソーバーは、自動車メーカーでも非常に重要視されている機能パーツのひとつです。
  • 減衰力の小さいとき

  • 減衰力の大きいとき

減衰力の小さいとき

減衰力の大きいとき

また、下記のように細かな凹凸が続く路面では、減衰力が大きいとゴツゴツとした乗り心地になります。その逆に減衰力が小さくなればスムーズに走行でき、乗り心地もよくなります。

  • 減衰力の
    小さいとき

  • 減衰力の
    大きいとき

スポーツショックアブソーバーの役割

ショックアブソーバーの振動減衰機能は、乗り心地に大きく影響すると同時に、過渡的な車の姿勢変化にも機能します。具体的には下表のようになりますが、この他にもコーナリング時の姿勢変化など、車すべての動きに影響を及ぼし、それらをコントロールできるのが「ショックアブソーバー」です。そのコントロールを積極的に行い、それぞれの車が持つ運動性能を十分に引き出すことを目的としています。
  • スタンダード形状

  • 車高調整式

機能 姿勢保持
(操縦安定性)
振動吸収・衝撃緩和
(乗り心地)
減衰力の
大きさ

定常変化

乗員増減による車高変化、連続旋回時のロール角変化など

過渡変化

急ブレーキ時のダイブ、急ハンドル時のハンドル角など
フワフワ振動
(うねり路面)
ゴツゴツ衝撃
(ダート路面)
減衰力・小
(柔らかい)
関係なし 姿勢変化・大 フワフワする
(収まり悪い)
ゴツゴツが少なく柔らかい乗り心地
減衰力・大
(硬い)
関係なし 姿勢変化・小 フワフワしない
(収まり良い)
ゴツゴツして硬い乗り心地

スタビライザーの役割

誰もが望んでいることだとは思いますが、操安性と乗り心地を1種類のスプリングで両立するのは難しいかもしれません。 しかし方法がないわけではありません。それが、スタビライザー(アンチロールバー)の剛性をあげることです。 操縦安定性が問題になるのは、主にコーナリングや車線変更時等の車にロールが生じたときです。 直進時には、操縦安定性よりも乗り心地が重要視されてきます。そこで、スプリングは乗り心地を重視した柔らかいスプリングを使用し、旋回時には本来のスプリングの補助としてスタビライザーの働きを追加し、結果的には全体のロール剛性を大きくするという方法をとることで両立が可能となります。 最初から車に装着されているものもありますが、その剛性を高めることにより、今以上の効果を求めることができます。 スタビライザーはそれ自体のねじれる力によってロールを抑制し、主に中高速コーナーでの安定性を高めるためのパーツです。 ちなみにスプリングによるロール規制とは異なり、乗り心地は悪化しにくい特性を持っています。
  • スタビライザーのないクルマ

  • スタビライザーのあるクルマ

スタビライザーの役割

チャートであなたが求めるサス・セッティンクの方向性を見つけてください。

ブレーキ

スピードをコントロールし、危険を回避する…クルマを運転する上で一番重要な役割を果たす部品がブレーキです。ここではブレーキがクルマを制動するシステムや、高性能化への取り組みなどをご説明します。

ブレーキキャリパー

ブレーキの外郭を形づくる部品のことで作動方式の違いから、大きく分けて二つの種類があります。
  • 浮動型キャリパー

    浮動型は、ローターの内側にあるピストンを押しだし、パッドをローターに押しつけながら外側のバットを引き寄せ挟み込みます。
    このタイプは、一般的に大衆車によく利用されているタイプで、重量面・コスト面において優れています。

  • 対向型キャリパー

    浮動型に対して、対向型はキャリパーの両側にピストンがあり、両方のピストンから直接パッドを押しつけるタイプです。主にスポーツカーをはじめとする高級車に使用されるタイプで、ホイールの隙間からキャリパーの形がのぞいています。

浮動型キャリパー

浮動型は、ローターの内側にあるピストンを押しだし、パッドをローターに押しつけながら外側のバットを引き寄せ挟み込みます。
このタイプは、一般的に大衆車によく利用されているタイプで、重量面・コスト面において優れています。

対向型キャリパー

浮動型に対して、対向型はキャリパーの両側にピストンがあり、両方のピストンから直接パッドを押しつけるタイプです。主にスポーツカーをはじめとする高級車に使用されるタイプで、ホイールの隙間からキャリパーの形がのぞいています。

ブレーキトラブル

フェード現象 ストリートや峠などでハードなブレーキングを行い、ブレーキパッドの温度が異常に上昇し、ローターに接している部分の化学組成が変化してブレーキが利かなくなる状態。(アフターパーツのブレーキパッドは耐フェード性を高めたものが多いです)
ベーパーロック現象 ブレーキの加熱により、油圧配管内のブレーキフルードが加熱・沸騰し気泡が発生することによって、ブレーキペダルの圧力がピストンに伝わらずブレーキが利かなくなることを言います。ブレーキペダルの踏み心地がふわっとしたら要チェックです。対策はブレーキフルードを沸点の高いものに交換する、等があります。

アライメント

アライメントとはホイールが路面や進行方向に対してどのような角度や位置で取り付けられているかを表すものです。サスペンションジオメトリーとともに、車の操縦安定性を決める重要な要素で、ただ平行に取り付ければよいというものではありません。

アライメント調整はクルマの整体

  • 走行中にステアリングが流れる・・・。
  • 走行中にステアリングが取られる・・・。
  • ブレーキをかけると片方へ引かれる・・・。
  • アクセルを踏むと片方に押される・・・。
  • 何故かタイヤが片減りしてしまう・・・。
  • 左右のタイヤの摩耗が均一でない・・・。

以上のような症状ひとつでも起きたら、4輪アライメント測定・調整をお勧めします。

アライメント調整の基本的な考え方と目的は・・・

  • 走行上の安全性と安定性
  • 車両の直進性と接地性能の向上
  • 最大のタイヤ寿命の確保

アライメントの調整と働き

  • キャスター角度

    • 直進安定性の向上。
    • コーナーの立ち上がりでステアリングを自動的に直進位置へ戻す。
    • 路面の凹凸によるステアリング流れの緩和

  • トー角度

    • 直進安定性の向上。
    • コーナリング時のステアリングレスポンスの向上。
    • タイヤの偏摩耗の防止。

  • キャンバー角度

    • コーナリング性能の向上。
    • 路面からのショックの緩和。
    • タイヤの偏摩耗の防止。

  • SAI(操向軸)角度

    • 車重をタイヤの接地面に対し均等にする。
    • ステアリング操作を俊敏にしながら安定度も増す。

※車両によって調整できる場合と出来ない場合がございます。詳しくはお店でご相談ください。

オイル

“自動車の血液”と表現されるオイル。よく耳にするエンジンオイルだけではなく、トランスミッションやディファレンシャルギアの中にもオイルが入っていて、クルマの走行のために重要な役割を担っています。

エンジンオイル

2,000℃以上の燃焼温度と最大3トンの圧力に耐え、0.01秒で1往復(6,000回転/分)しながら活躍する「ピストン」を、潤滑させ、冷却するのはエンジンオイルです。
1.潤滑作用 金属同士の触れ合う部分に入って摩擦を減らし、エンジンを滑らかに動かします。
2.密封作用 ピストンのすき間をふさぎ、ガス漏れを防止し、クルマのパワーを十分に引き出します。
3.冷却作用 エンジン内部の熱を吸収発散し、高温による焼き付きを防止します。
4.防錆作用 サビや腐食からエンジンを守ります。
5.清浄作用 エンジン内部で生じた汚れを取り除きます。

エンジンオイルをきれいにするのがオイルエレメント。

エンジンの燃焼や金属の摩耗で発生したスラッジをオイルエレメントはシッカリキャッチ!オイルを交換した時には、オイルのクリーナーであるエレメントの交換もお勧めします。
※オイル交換2回に1回が交換の目安です。

エンジンオイルのグレード

エンジンオイル性能表示の見方
エンジンオイルの
品質・粘度の表示
※SAE=
米国自動車技術者協会

SAE低温表示

Wはウインターを指し、この温度が小さいほど低温でも堅くなりません。

SAE高温表示

この温度が大きいほど高温になっても粘度を保ち続けます。

グレード表示

APIによる品質表示SD<SF<SG<SH<SJハイグレード–>

API(米国石油協会の略称)規格
<ガソリン車用>

清浄・
分散性
酸化
安定性

摩耗性
腐食
防止性
防錆性
SD ★★ ★★ ★★
SE ★★ ★★ ★★
SF ★★ ★★ ★★
SG ★★★★ ★★★★ ★★ ★★
SH ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★
SJ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★

API(米国石油協会の略称)規格
<ディーセル車用>

API分類 腐食
防止性
熱安定性 オイルの
消費防止性
CC ★★★★ ★★★★
CD ★★★★ ★★★★★
CE ★★★★ ★★★★★
*CF-4 ★★★★ ★★★★★ ★★
*日本車・欧州車の高油・高出力4サイクルディーゼルエンジンに最適でピストンデポジット、オイルの消費を抑え、酸化安定性、ススの分散性、耐摩耗性に優れています。

ミッションオイル

こんな症状が現われたら・・・

  • 信号待ちなどからの発進時に1速ギアに入りにくい・・・。
  • ギアチェンジがスムーズでなくなった・・・。
  • シフトアップ(ダウン)時にギアがなく・・・。
  • ミッションからノイズが出る様になった・・・。

10,000km走行毎の交換が目安です。

トランスミッションオイルは、ミッションケース内部の歯車を円滑に動かし、ギアチェンジを滑らかに行なう潤滑剤です。エンジンオイルの様に、超高温、高圧力に耐える性能よりも「高い摩耗特性」と「泡立ち防止性」「せん断安定性」が求められます。劣化による粘度の低下やギアの入りが悪くなったり、ギアの破損を防止するために、定期的な交換が必要です。

ATF(オートマチックオイル)、ミッションケース内部の歯車を円滑に動かしながら湿式クラッチのトルクを車輪に伝え、かつ変速ショックを低減させるという機能をはたしています。エンジンがかかった状態では、常にかくはんを繰り返すという過酷な状況下で、「高い摩耗特性」が求められ、マニュアルミッションのオイルよりもシビアな特性が求められます。劣化による粘度の低下やギアの鉄粉の混入によって起こる「発進・加速時のもたつき」による燃費の悪化や「変速ショック」による乗り心地の悪化を防止するために、定期的な交換が必要です。

ディファレンシャルギアオイル

こんな時には交換をお勧めします・・・

  • うなり音のようなノイズが発生してきた・・・。
  • コーナリング時に異音が発生する・・・。

10,000km走行毎の交換が目安です。

デフ(ディファレンシャル)オイルは、車の「コーナリング時の駆動輪の回転差」をコントロールして、急激な姿勢の変化を緩和する働きがあります。オイルの劣化は、「ギアの摩耗」や「異音」を発生させます。特にLSD(リミテッドスリップデフ)装置の場合はデフオイルの劣化はクラッチプレートの寿命を縮め、異音を発生させますので、2,000~5,000km毎の交換をお勧めします。

ギアオイルのサービス分類

使用条件 使用ギア
GL-3 少し極圧がかかる程度のギア。 「ディファレンシャルギア」
「トランスミッション」
「ステアリングギア」
GL-4 ハイポイドギアやきわめて過酷な条件下の他のギアに用います。
高速低トルク、低速高トルクに耐えます。
GL-5 GL-4より過酷な条件下のハイポイドギアに用います。
高速、高速低トルク、低速高トルク、高速衝撃荷重に耐えます。
「ディファレンシャルギア」
「LSD」

トランスミッション・ディファレンシャルギアに使うオイル

ギアオイルもマルチタイプが主流で75W-90、80W-90、85W-90、75W-140、80W-140、等が一般的な粘度設定となっています。
  • 通常走行であれば、ミッションはGL-4、デファレンシャルギアは、GL-5をお勧めしますが基本的には走る条件に合わせて選択します。
    粘度については、ミッションはシフトフィーリングで決定しますが、基本としては、「やわらかめ」を使用します。
  • ディファレンシャルギアは「かため」を使用します。ただし、LSDは指定されたものがありますので注意が必要です。
  • FF車の場合は、ミッションとデフが一体構造となっており、一種類のオイルを選択しますので粘度選択には注意が必要です。

バッテリー

自動車を運転するときに、最もお世話になっているもののひとつがバッテリーでしょう。エンジンを始動させるのも、ヘッドライトをつけるのも、エアコンだってバッテリーがなければ動きません。ここでは縁の下の力持ち、バッテリーについてご説明していきます。

交換の目安

  • バッテリー液は十分に入っているのにセルモーターの回りが悪い・・・。
  • バッテリー液は十分に入っているのにライトが暗い・・・。
  • 1年以上、車を使用していない・・・。
  • 過去に、何度かバッテリーアガリの経験がある・・・。
  • バッテリー液の減りが各セルでばらばらになってしまう・・・。
  • 充電しても比重が上がらない・・・。
  • バッテリー液の減りが激しい・・・。

電解液の比重

電解液比重 充電量
1.280 100%
1.240 70%~75%
1.200 40%~50%
1.160 15%~20%
1.140 不良
完全に充電しても比重が回復しない場合には、バッテリーの交換をお勧めします。
バッテリーの寿命は30,000kmか、2~3年です。

バッテリーの型式番号の読み方

性能ランク 容量と始動性能の関係から決められた総合性能を表示します。
数量が大きい程性能が大きくなります。
短側面の大きさ 短側面のサイズを表示します。A~Hまでの8段階に分類されています。
Dサイズ(面積)=幅×箱高さ
長さの寸法の概数 長さの寸法の概数(cm)を示します。
端子の位置 プラス端子が左右どちら側に付いているかを示しています。
サイズ 右へすすむほど高性能バッテリーです>>>
A19
(ネジ端子)
26A16R 28A19R 30A19R 32A19R 34A19R
26A19L 28A19L 30A19L 32A19L 34A19L
A19
(テーパ端子)
28A19RT 30A19RT 32A19RT 34A19RT
26A17L 30A19LT 32A19LT 34A19LT
B19
B20
(共通)
28B17R 34B17R 34B19R 38B19R
(38B20R)
40B19R
(40B20R)
42B19R
(42B20R)
44B19R
(44B20R)
28B17L 34B17L 34B19L 38B19L
(38B20L)
40B19L
(40B20L)
42B19L
(42B20L)
44B19L
(44B20L)
B24 46B24R 50B24R 55B24R 60B24R
46B24L 50B24L 55B24L 60B24L
D23 55D23R 60D23R 65D23R 70D23R 75D23R 80D23R
55D23L 60D23L 65D23L 70D23L 75D23L 80D23L
D26 55D26R 60D26R 65D26R 75D26R 80D26R 85D26R 90D26R
55D26L 60D26L 65D26L 75D26L 80D26L 85D26L 90D26L
D31 65D31R 75D31R 85D31R 95D31R 100D31R 105D31R 115D31R
65D31L 75D31L 85D31L 95D31L 100D31L 105D31L 115D31L

注意!!

指定(推奨)されているカーバッテリー以外のサイズに変更する場合は記号の意味に注意し、エンジンルームに収まるサイズのバッテリーを選んでください。バッテリー交換については、お店にご相談ください。

バッテリーの安全な取り扱い方

バッテリーの交換手順

取り外す場合

  • アース側(マイナス側)から外してください。
  • プラス端子を外す。
  • 取付枠をはずして、バッテリーを外す 。

取りつける場合

  • バッテリーがガタつかないようにしっかりと取り付ける。
  • プラス端子を付ける。
  • アース側(マイナス側)を付ける。

ブースターケーブルの接続手順

バッテリーの爆発事故を誘発しやすいので、正しい手順で接続してください。

取り外すときは(4),(3),(2),(1)の順序

メモリーキャンセル防止

電子メモリーキャンセルトラブルの注意

自動車のコンピュータメモリ保持のための常時電源のバックアップがなければメモリ(RAM)が消失します。(走行には支障ありません)
メモリ復帰には再入力か再度学習が必要です。(自動車の取扱説明書にしたがって再入力)

バックアップが必要なもの

  • デジタルディスプレイ (デジタル時計・AM/FM電子チューナーなど)
  • 電子制御燃料噴射装置(EGI,EFI,ECIなど)
  • 電子クラッチ・ユーザーメモリ付ドライブコンピュータなど
※不明の際はバックアップをとった方が安全です。

バックアップの方法

  • バッテリーケーブル端子に他のバッテリーあるいはバックアップ電源を並列接続する。(車載バッテリーと同定格の電圧)
  • シガーライタープラグへバックアップ電源を接続する。

電解液の取り扱い(応急処置)

人体

  • 電解液が手や顔などに触れた場合や目に入った場合は、すぐに大量の清水で洗い流してください。
  • 電解液を飲んでしまった場合は、すぐに水によるうがいを繰り返し、牛乳か大量の清水を飲むようにしてください。
応急処置の後、専門医の診断を受けた方が安全です。

その他

  • 衣服に電解液が付いた場合は、すぐに水洗いし、弱アルカリ石鹸水で完全に中和してください。
  • 電解液が周囲に飛散した場合は、すぐに大量の水で洗い流してください。

↑ページ上部へ