ホイール

ホイールの役割

ホイールは、タイヤをクルマへ装着するのになくてはならないパーツです。また、アルミホイールは足廻り軽量化による運動性能などの向上や、クルマの足下を演出するファッション性のメリットも無視できないものがあります。

求められる特性

強度 耐衝撃性と耐疲労性に優れていること
軽量 強度条件を満たした上での軽さ
精度 サイズや形状が正確に仕上がっていること
意匠 ファッション性に優れたデザインであること

タイヤ・ホイール・サスペンションなどの足回り(走行中に常に動いている部分)を総称して「バネ下」と呼びます。ここの重量軽減はクルマの運動性能向上などに大きな効果があり、バネ下重量1kg軽減の効果は、ボディー10kg、20kgの軽減に匹敵するとも言われております。

ホイールサイズの読み方と各部の名称

  • 1.リム径

    同一インチのタイヤを組み込むことができます。
  • 2.リム幅

    規格で規定された適用幅のタイヤを組むことができます。小数点以下が1/2と表示されていたら、0.5インチを意味します。
  • 3.フランジ形状

    JJ、J、Bなどが規格で規定されています。
  • 4.P.C.D

    ボルト穴ピッチ円直径のことです。(P.C.Dのコーナーを参照ください)
  • 5.ボルト穴数

    固定するボルトの穴数です。
  • 6.オフセット

    ホイールのオフセット量を示します。(オフセットのコーナーを参照ください)

P.C.D

P.C.D(Pitch Circle Diameter) ボルト穴ピッチ円の直径のことです。ほとんどの国産乗用車は114.3mmか100mmのいずれかで、ボルト穴数は4穴または5穴です。
P.C.D(mm) 穴数 代表車種
114.3または100 4または5 国産乗用車
139.7 5または6 国産4×4
120 5 BMW
112 5 メルセデス・ベンツ
108 5 フェラーリ
130 5 ポルシェ

オフセット

オフセット(OFF SET)とは、ホイール断面の縦方向中心線と、ホイール内側の車両取付面との距離のことで、そのクルマに装着できるかどうかを決める大事な要素です。
車体からはみ出さないで装着可能なオフセットの範囲の中で、数字が小さい(プラスの値が小さい、またはマイナスの値が大きい)ほど、タイヤ・ホイールが外側に出てきて“踏ん張った”ように見えてカッコ良くなります。

アルミホイールの構造と種類

アルミホイールの構造には、1ピース/2ピース/3ピースの3種類があります。また、リバースタイプやディスクタイプが違うものもあります。

構造

  • 1ピース構造

    リム部とディスク部が一体になった構造です。鋳造後に切削加工で仕上げるため寸法精度が極めて高く、2・3ピース構造に比べて軽く作ることができます。

  • 2ピース構造

    リム部とディスク部を溶接して一体とする構造です。オフセットやディスク部のデザイン自由度に優れています。

  • 3ピース構造

    表側リム部と裏側リム部を溶接し、ディスク部をピアスボルトで組み立てます。デザインの自由度が一番高く、ファッション性を追求したホイールに多く採用されています。

種類

リバースタイプ

横断面から見て、通常は表側寄りにあるリム部分のドロップと呼ばれる凹み(タイヤを組み付けるために必要)が、裏側寄りにあるホイールです。ディスク面を深くとる=浅いオフセット設定が可能となって、よりカッコ良く見せることができます。

  • ノーマルタイプ

    凹みがディスク寄り

  • リバースタイプ

    タイヤ組み付けに当たっては、ホイールを裏返してタイヤチェンジャーにセットします。

HIディスクタイプ

最近の高性能車は大きなブレーキディスクとブレーキキャリパーを装着しているケースが増えております。そのようなクルマへ装着するホイールは、ビッグキャリパーなどを前提とした“逃げ”を考慮して設計されている必要があります。ビッグキャリパー対応のホイールのことを、HIディスクタイプと呼んでいます。

アルミホイールの製造方法

アルミホイールの製造方法には、大きくわけて鋳造と鍛造の2種類あります。

鋳造 金型に溶かしたアルミニウム合金(溶湯)などを流し込み、それを固めてホイールのカタチにする製法です。軽さやデザイン性、コストなどの面で優れています。
鍛造 型に合わせて軽合金を何千トンもの力でプレスする製法です。強度や剛性の確保に優れています。

アルミホイールのデザインと種類

アルミホイールのデザインは大きく分けて次の種類があります。

  • スポークタイプ

    スポークの本数によって5本スポークなどと呼びます。軽量性やブレーキの放熱性、また掃除のしやすさなどに優れています。

  • メッシュタイプ

    不変の人気を誇っており、目の粗いタイプなどもあります。

  • ディッシュタイプ

    他タイプに比べて、同じサイズでもホイールをより大きく見せることができます。高級セダンやミニバンによく似合います。

フィンタイプ ミニバンなどで人気を博しています。

ホイールナット

ハブボルトへのホイールの装着にはナットを使用します。取付面(ナット座面)の形状で3種類、さらにボルトが貫通するものを俗に貫通ナット、しないものを袋ナットと呼んでいます。また、メーカー/車種によって違いがありますので、車載工具のL字レンチが使えるかどうか確認しましょう。市販アルミホイールに交換した場合でも、パンクなどでスペアタイヤを装着する場合に純正のナットが必要となる場合があります。

  • 平面ナット

  • 球面ナット

  • テーパーナット

さらに盗難防止効果のあるロックナットや花柄ナット、他にはバネ下重量軽減のための軽量ナットもあります。ロックナットの場合は、ロックを解除するキーなどを無くさないように注意して下さい。

[参考]ハブボルト

車両のハブにはホイールを取り付けるためのボルトがあり、国産乗用車には主に2種類のボルトサイズがあります。
ねじの太さ(mm) ねじのピッチ(mm) 採用メーカー例
12 1.25 日産・富士重工
1.5 トヨタ・ホンダ・マツダなど

アルミホイールの品質表示

シンボルマーク

(JWL)

(JWL-T)

(VIA)

実施期間 1973年12月
1978年4月改訂
1980年9月 1978年7月
管轄省庁 国土交通省 国土交通省 経済産業省
担当機関 (自社認定) (自社認定) ホイール試験協議会
技術基準 乗用車用軽合金製
ディスクホイールの技術基準
トラック及びバス用軽合金製
ディスクホイールの技術基準
トラック及びバス用軽合金製
ディスクホイールの技術基準
マーク名称 Japan
Light alloy metal
Wheel
Japan
Light alloy metal
Wheel
T(トラック等の意味)
Vehicle
Inspection
Association
内容 国土交通省の技術基準に合格したものは、JWLマークを表示して販売してもよい。 国土交通省の技術基準に合格したものは、JWL-Tマークを表示して販売してもよい。 財団法人「日本車両検査協会」が試験を行い、合格すれば登録No.が与えられ、VIAマークを表示して販売してもよい。

“引っ張り”についての注意

タイヤの適用リムの範囲を超えて太いリムサイズのホイールを装着することが一部で見受けられますが、小さな衝撃でもタイヤが外れる危険性があります。ホイールは必ずタイヤの適応リムの範囲内で選択して下さい。

ホイール装着に関するご注意

YOKOHAMAアルミホイールの品質

1. すべてのYOKOHAMAアルミホイールは、JWLあるいはJWL-T(軽合金製ディスクホイールの技術基準)に適合し、VIA(自動車用軽合金製ホイール試験協議会の強度試験)の限定荷重試験に合格しています。

アルミホイールをお選びいただく前のご注意

1. ホイールのPCD、穴数、キャリパー干渉の有無をご確認ください。
警告 2. フェンダーからはみ出すようなサイズ、オフセットは裝着できません。
警告 3. フェンダーからはみ出さない場合でも、ホイールハウスの内側、フェンダー折り返しなどへの干渉にもご注意ください。
警告 4. カタログに掲載されておりますマッチングデータは、ノーマル車両の静止状態での実測値を基準にした参考値であり、掲載されているサイズのホイール・タイヤを装着して、法令で定められた車検・点検に合格する事を保証するものではありませんのでご注意ください。ご購入の前に販売店にご相談することをおすすめいたします。
5. サイズによって、デザイン的なイメージが若干変わることがあります。

アルミホイールを裝着する時のご注意

1. バルブは付属のものをご使用ください。またバルブコアを交換する場合はショートタイプをご使用ください。
2. ホイールバランスは必ず全車輪調整してください。
警告 3. YOKOHAMAのアルミホイールは、すべて60°テーパーのナット座(ボルト座)を採用していますので、球面座及び平面座ナット(ボルト)は使用できません。専用ナット(ボルト)が付属していない場合は60°テーパーのナット(ボルト)を別にお求め下さい。YOKOHAMAの別売りナット(ボルト)&ロックは、すべて60°テーパーのナット座(ボルト座)になっています。また、ホイールもしくは別売りナット(ボルト)に付属している専用アダプターをご使用ください。
警告 4. ナット(ボルト)の締付け推奨トルクはM10=49~69N・m(5~7kgf・m)、M12=88~118N・m(9~12kgf・m)、M14=157~176N・m(16~18kgf・m)です。

アルミホイールを使用する時のご注意

1. 縁石、道路の凹凸等への接触、乗り上げはリムフランジの損傷や塗装の剥離の原因となりますのでご注意ください。特にカラークリア塗装リムはご注意ください。
警告 2. 定期的にナット(ボルト)の緩み、バランスウエイトの脱落などをチェックしてください。
3. 洗車機の使用はアルミホイールが傷付く場合がありますので、お手入れはなるべく手作業で行ってください。
4. YOKOHAMAのアルミホイールはクルマと同等の高品質の焼付け塗装をしています。いつまでも美しくお使いいただくためにワックス掛けをおすすめいたします。その場合ワックスはコンパウンドの入っていないものをお使いください。

危険です。絶対に行わないでください。

警告 1. 組み立て式アルミホイール(2、3ピース)のピアスボルトは決して緩めないでください。ピアスボルトは組み立て時にロックタイトを塗付し、規定トルクで均等に締付けています。万が一緩み等が発生した場合には必ず販売店にご相談ください。
警告 2. アルミホイールの修理は、再熱処理等によりホイールの強度を低下させます。衝撃による亀裂や変形が生じたアルミホイールは新品に交換してください。

↑ページ上部へ